患者様治療例                  


  43歳 O・Tさん (女性)



 ■通院期間  2019年6月28日〜8月7日

 ■主な症状  腰椎椎間板ヘルニア 

        左足の痛みと痺れ感

 ■経過  平成31年3月、仕事で重労働が続き、やがて左の腰と左足に痛みと痺れが起こった。
   
      整形外科ではMRI検査の結果「椎間板ヘルニア」と診断され、コルセットを作り鎮痛剤を

      処方される。4月は、その整形外科にほぼ毎日通院するが、電気治療が主で経過は思わしく

      ない。職場復帰もできないので、6月に総合病院でセカンドオピニオンを受ける。

      そこでは「手術が妥当」と診断され、7月末にMRI検査で最終診断をすることになった。

      6月末、以前に腰痛で受療したことがあった当院に「できれば手術は避けたい」と相談に

      訪れる。

      6月28日より週に2回ペースで「骨盤調整」を行うことにする。午前中に来院して、調整

      治療を受け、時間の許す限り「腰回し運動」をして帰宅。治療に来ない日は、家で「腰回

      し運動」に励んだ。7月29日まで計9回の施術を経て、翌30日、総合病院の最終診断を受け

      る。MRI検査の結果「ヘルニアが消失しています」とのこと。「とても良くなっているので

      もう来なくていいですよ」と担当医に言われたと聞き、当院スタッフもとても嬉しく思って

      います。
   
   ■本人談    「3月の末、今まで経験したことのない激痛が腰に走りました。やがて左臀部から足先まで

      痺れが起こりました。近所の整形外科で「椎間板ヘルニア」と診断されましたが、レントゲ

      ン検査だけの診断だったので、改めてMRI検査を受けたところ、はっきりヘルニアと判明し

      ました。

      整形外科では、痛み止めの薬とブロック注射2回、あとは電気療法と若い先生方のマッサージ

      を毎日繰り返し受療しましたが、どうにも快方に向かわず、別の病院でセカンドオピニオンを

      受けると、そこの先生には手術を勧められました。

      …これはもう、病院では治らないんだ…とあきらめかけたとき、以前お世話になった事のある

      籔田整体治療所を思い出し、院長の堀先生に相談しました。

      週2回の骨盤調整を受ける事、腰回し運動を頑張る事を約束し、とにかく1か月後の最終診断

      まで、調整治療と時間の許す限りの腰回し運動に励みました。

      そしてMRIによる最終診断の日が来ました。結果は驚くことにヘルニアが見事に消えていま

      した。「消滅してるよ。すごいな。」と担当医も驚いていました。

      「今、行なっている治療を続けて下さい。」とも言われ、本当に骨盤調整に感謝です。

      おかげさまで堀院長、籔田先生の御助力によりヘルニアを克服することができました。

      今後もよろしくお願い致します。」  O・T


                                       




  74歳 Y・Nさん (男性)


 ■通院期間  2018年1月26日〜4月10日

 ■主な症状  腰椎椎間板ヘルニア 

        右足の激痛による歩行困難
 

 ■経過  1月10日、体の鍛錬にと重いものを持ってトレーニングしていて、右足に激痛が走った。

      歩くのもつらい状態になり、家の近所の整形外科を受診。

      「椎間板ヘルニア」と診断される。「これは酷い。手術しかないですね。」と言われる。

      1月26日、御親戚の紹介で当院を訪れたときは、奥様に介助され、車いすであった。

      筋肉質のガッチリした体格をされている。

      触診ですぐ骨盤の歪みが大きいのがわかる。自覚症状は右のお尻の痛み、右のふくらはぎ

      の痛みが酷い。

      「骨盤の歪みが痛みの原因であって、手術は考えない方が良いですよ。」と説明する。

      この日より、週2回ペースで施術する。(本当はもう少し詰めたほうがいいのであるが、

      遠方から来られるのと年齢を考慮して)

      2月末、10回目の施術くらいから右足の痛みがやわらいで、車いすに頼らず自力歩行できる

      ようになる。
      
      3月に入り、前出の整形外科で再診する。念のため、知己の大学病院で診てもらうよう勧められる。

      義理もあって、4月初旬に大学病院に行くことになった。

      3月も当院に週2ペースで通院。歩けるようになって体のコンディションも良くなり、腰回し運動も

      積極的に行う。

      施術回数20回目、右ふくらはぎに軽い違和感はあるが、痛みはほぼ無くなった。

      やがて4月になり、大学病院で検査を受ける。結果は「手術の必要なし」とのこと。

      ご本人はもちろんのこと、こちらも4月の検査までによい結果を出したかったので

      たいへん喜ばしく安堵いたしました。


      後日談: 実は奥様がご主人の容態が少しでも良くなってから検査を受けれるようにと、

      4月まで検査を先延ばしにしていたのだと後々お聞きして、まさに内助の功と感心した次第です。